家族経営の小さな会社が売上が伸びるとどうなる

最終更新日

Comments: 0

家族経営

過去にいくつか家族経営の小さな会社のネット事業のスタートアップに関わったとこがあります。
共通して言えるのが、2代目がネット事業を始めようとするパターンが多く、1代目がまず反対します。
また兄弟がいると、長男・長女も反対し、次男・次女が始めるパターンがどちらかというと多いように思います。

軌道に乗ると

そしてネットショップが軌道に乗るとここで利益をめぐって醜い争いが始まるのです・・・
兄弟姉妹で広告費や人件費の使い方や経営方針についてそれぞれの意見がぶつかり合うのです。
他府県に嫁いだ姉妹が、さっさと離婚して戻ってきたパターンもありました。
実家の会社で形だけの社員となることで、十分な待遇を得ることができるからです。結婚生活があまりうまくいってなかったのでしょうか。
離婚の後押しになってしまったようでした。
また兄弟の配偶者に経理などの業務を任せることで、資金の使い方で意見が食い違い、バトルが勃発しやすいです。

家族崩壊

利益を巡って家族が崩壊。
どうしても会社が伸びると、親戚や知り合いなどを加えがちになりますが、私はおすすめできません。
会社が生きるか死ぬかの瀬戸際では皆で試行錯誤し、新しい道筋を得ようと家族一丸となっていたものが、会社が上向くとその利益や権力を巡って争うパターンを何度か見てきました。
うまくコントロールしている会社ももちろん多くありますが、お金って怖いなとじみじと思いました。

hobnob

コメントを残す