10年後残るネットショップ

最終更新日

Comments: 0

楽天市場に出店

楽天市場は集客力の大きいモールです。
ただ注意しないといけないのが広告費で、失敗して楽天嫌いなってしまいがちです。
楽天のECコンサルタントから次から次へと紹介される広告。
その広告を購入したら注文数がどれくらいになるか、担当のECコンサルタントでさえ分からないことが多々あります。
ただ、オープンして間もないショップはある程度、広告は必要です。
注文数を増やしてレビューを集めなくてはなりません。

レビューが増えて安定へ

山あり谷ありを通し10年ほど運営を続けると、レビューや固定客もそこそこ集まり、販促しなくてもあまり売り上げが大きくダウンしないことがポイントです。
10年は長いですが、逆に10年持ちこたえたら安定します。

10年後、残る確率

高い広告を買ったがペイできなかった、逆に取り扱っている商品が他の媒体で取り上げられて急にアクセスが増えて売上が伸びた、商品やページのデザインを真似されて売り上げが急に減ってきた、などいろいろな事が起こります。
このような変化が続く中、10年間しっかりと運営をし続けていることが条件ではあります。
起業して10年後残る確率は1割未満といいますが、同じことになります。

hobnob

コメントを残す