Amazon(アマゾン)のコンサルタント

最終更新日

Comments: 0

Amazon(アマゾン)のコンサルタントが半年もたたずして退職されることになり、担当変更されました。
きついお仕事なのかなと想像しています。
さてPrimeDay(プライムデー)も目の前にきており、昨日はスポンサープロダクトの広告費もUPして設定完了。
「特選タイムセール」に参加せずに当日を迎えます。
本来はこのセールに参加できるのにしない理由は、会社の方針としていかなるときも値下げをしない、ということです。残念。

月税別1万6000円のコンサルタント料は妥当かと思っています。
と言うのはトラブルが起こった時用の保険になります。テクニカルサポートではラチあかない事は皆さんよくご存じでしょう。

今回は商品に~用、~対応という文字を見落としていたため、削除されてしまい、テクサポに2度問い合わせしましたが、機械的な返事のみ。
コンサルタントにお聞きしたら、商品名やページ内を編集しただけでは通過せず、何やら英語や外国語にも編集するページを操作する必要があるそうでしたので、お任せすることになりました。
これを機会にもう一度、商品名と各ページを再チェック。
実際は他社さんは~用、~対応など商品名に入れていない場合もありますが、いつ何時、Amazon(アマゾン)側から指摘されて商品を削除されてしまうか分からないので、他社が大丈夫なのでという油断は禁物ということで少々焦りながら編集作業をいたしました。
出品停止やアカウントの削除もあり得るそうです。

hobnob

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントする