アラ還、ブラック企業に転職してしまった

最終更新日

Comments: 0

今回、初めて「ブラック企業」に就職してしまいました。
どのようにブラックだったのか。
驚きのストーリーを書きます。

当時、私は在職中の会社の売上を上げても待遇がなかなかよくならず、悶々としておりました。
たまたまハローワークの募集で見つけた会社の条件は今よりは良く、通勤も格段に便利だったので悪魔のささやきを聞いたようにふらふらと。

まず書類を送るとすぐに面接のお知らせがきました。
喜び勇んで面接に伺いました。
社長と部長との三者面接で、30分ほどお話をしたら、とても気に入っていただけ、明日から来てくださいと言われました。

え?私、まだ在職中なので。

最短で1か月後になります、ということを伝えて8月下旬に入社日が決まりました。

そこで念のため条件を確認すると、「試用期間2か月、条件は社員同様」と募集要項にありましたが、実は試用期間中は社会保険は加入無し、とのことでした。
それは困るので躊躇していると、実際に2か月後に社会保険に加入ということはなく、みな早めに加入できており、入社3日後に加入した例もあるので真面目に勤めていただければ早めに加入しますよ、と部長。

ここでやめとけば良かったのに。

現職に不満がありましたので、心機一転、チャンスを活かせるかもと思い、翌日、退職届を提出。
そうして、1か月後にブラックに入社してしまったのです。

入社して分かったのが
基本給、リーダー手当、残業代別、という条件のはずが、残業代は出ないということが分かりました。
また月に1回、土曜日か日曜日に交代で出勤がある、ということでしたが、こちらも代休や残業代などもなく。
始業の9時前にミーティングがあったりしましたね。
少なくとも7時くらいまで残業してくださいね、と言われたり。
残業代出ないのに。

年間休日日数もかなり盛っていました。

9時始業でしたので、私は30分前には会社に着き、言われなくてもお茶やゴミ出し、また軽く掃除なども行いました。
20時まで残業もし、売上も伸ばし「真面目」に勤めていましたが、社長に社会保険加入のお話をしても一切お返事なく。
私は1か月で退職する決心をし、伝えたところ、慌てた様子ですぐに社会保険加入ということになったのです・・・。

また、その頃に入社した営業のスタッフが募集要項と異なる条件に異論を唱え、いきなり社長から「クビ」と言われたので労働基準監督署に行き、訴えられることになりました。
そこで初めて労働契約書がスタッフ全員に渡されましたのです。
渡された用紙を見て愕然。
基本給のはずの金額にみなし残業とリーダー手当が強引に組み込まれていたのです。

さらに私のお仕事はWEBなのにAdobeのソフトは与えられず、他のスタッフは自腹で購入していました。
結局フリーソフトを使うしか方法がなく、もちろん、MicrosoftOfficeも無し。
驚きです。
私はこの件に関しては信じられないので社長に訴えました。
仕事をするのにツールが無いと、効率が悪くなるけどいいでしょうか、と。
そうすると数日後、私のPCにAdobeの違法ソフトがインストールされていたのです!

終わりです。
このような会社に在籍するのは危険しかありません。









hobnob

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントする