ネットショップにおける商品の価格変更

最終更新日

Comments: 0

過去に消費税のUP時など何度か価格改定をした経験があります。
今回は人件費や資材の高騰による理由ではなく、客単価を上げたいという経営者の理由でした。
こちらは失敗例です。
告知も十分でない時点での急な値上げとなり、それも商品によって様々な上げ率。

どちらにしても真摯に理由を述べてあらかじめ告知期間を設け、値上げし、値上げしたらクーポン配布などのビフォーアフターの流れをきちんと計画が必要です。

結果としては想定通り、受注件数が大きく減り、売上も減り、経営者は焦りました。
そしてなんとあろうか数週間で価格をもとに戻すということになりました。
失敗の上、失敗を重ねてしまうことになると説明をしましたが納得されませんでした。
結局、価格をもとに戻しましたが、やはりすぐには回復せず、予想した通りクレームも来ました。

値段を上げたことで一定数の客は離れ、クリック率がダウン、検索順位もダウン、そのために広告の予算を増やして少しでも悪影響を減らしたいと思いましたが、さらに価格をもとに戻すことで信頼を無くしてしまったのでしょう、一旦落ち込んだ売上は元に戻るのには、今のところ数か月かかるであろうと思います。

価格改定は決して悪い事ではなく、きちんと理由をお客様が納得する形で告知ページを作成し、一定の期間を設け、価格を変更した後は一定期間は上げた分を還元できるような施策を行うことが大切です。

きちんと計画的にすれば、しばらくは受注件数が減りますが、1か月もすると落ち着きます。
そこまで待てずにあたふたとすると信頼をなくしてしまい、結局、回復まで何か月もかかることになってしまいます。

hobnob

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントする