バツイチ、アラ還、再婚について

最終更新日

Comments: 0

57歳。
幸運だと健康年齢はあと10年。
あちこち具合が悪くなりながらもその後10年。
再婚について考えました。

数年後には子供も就職するので、ひとりで生きていくには寂しいかもと思い、先日パートナーズに登録しました。
寂しいというより、仲の良い夫婦がうらやましいのです。
なぜこれからの人生を一緒に過ごしていける人を探したいと思ったのか。

不安、です。

今のこの世の中の状況を見ていると、漠然とした不安を感じるわけです。
将来の生活のこともありますが、なにより心の癒しが欲しい。
安心が欲しいのです。

でも。でもです。

あきらめました。
57歳という年齢になると、この人となら一緒に生活したいと、心の底から思える人と出会える確率があまりにも低いと感じました。
偶然出会えたのなら、それは本当に運命の赤い糸で結ばれていたのだと思います。

先日、パートナーズに登録した件を書きました。
失望したことも書きました。
登録して2,3日で30名くらいからメールは頂きましたが、メールのやり取りをしてみても良いかと思われた人は2~3人でした。
その方達と何度かメールのやり取りをしていると、リズムがなんとなく合わないなと思う人も出てきました。
そのなんとなくリズムが合わない人、に距離を置こうとすると、しつこくなり、最終的に嫌悪感に変わり、危険を感じてパートナーズを退会しました次第です。

こんなことをするんじゃなかった、って後悔しています。
穢れてしまったような気持ちです。
もちろん、素敵な人に出会えて結婚された方は本当にうらやましい限りです。

「〇〇さん江」から始まり、「今日のお目覚めはいかがでしょうか」
「あなたのお声が聞きたい」というメールが毎朝くるのです。

「江」って。

またその日のうちに返信しないと、「メール届いていますか」ときます。
「スーパームーンの夜空を見ながらあなたのことを思い浮かべております」
なども。

もうこの年齢になるとそのような「おじいさん」しかいないのです。
残念ながら。

hobnob

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。