最終更新日

Comments: 0

一元管理システム

現在、GoQSystem(ごくーシステム)を使っており、自社サイトを作るにあたりいろいろな意見交換をしております。GoQSystem(ごくーシステム)とMakeShop(メイクショップ)で構築する予定でしたが、ここにきてShopify(ショピファイ)を使いたいという希望が出てきており、そうなると一元管理システムも変更しなければなりません。
調べれば調べるほど、Shopifyは確かに魅力的です。
特にShopify Plusは料金が高くなりますが、機能がプラスはもちろんですがヘルプデスクの対応が素早いそうです・・・
もともと海外のシステムなのでアマゾンのセラーセントラルのように時々、日本語が怪しくて分かりにくいというデメリットはあります。
ただ、私自身は英語には問題ありませんのでその点は問題無し。

クロスモールかネクストエンジン

Shopifyに対応している一元管理システムを調査しました。
CrossMall(クロスモール)かNextEngine(ネクストエンジン)のどちらかになりそうです。
他にも一元管理システムは調べましたが、料金体系に関しては携帯の料金と同様、比べるのは至難の業でした。

Shopify(ショピファイ)

テンプレートは無料、有料とありますが、おしゃれなものが多いように思います。
MakeShop(メイクショップ)は楽天などのショッピングモールのイメージに近いテンプレートが多いです。
デザイン重視であればShopify(ショピファイ)が良いかなと思います。
結局はページを作成する人のスキルによりますが、できたらベースとして希望のイメージのテンプレートがあるのに越したことはありません。

越境ECに対応していることも重要です。
各通貨の対応や各国の法律もクリアしている点など、安心です。
またPOSシステムと連動しているので実店舗のある会社にはうれしいと思います。
Shopify Plusだと確か10店舗まで管理可能だったと思います。
やはり先々会社を大きくしていくにあたり大事なポイントですね。

費用が高くても

会社の規模にもよりますが、初期投資で費用はしっかりと掛けた方が結果、無駄な費用の発生を抑えられます。
どこの会社も最初は低価格のシステムに走り勝ちですが、途中で変更することになると大手システムの方が対応が幅広く、無駄な乗り換え作業など発生しません。
今回のケースはGoQシステムがShopifyに対応していないことで、新たな一元管理システムに乗り換えることになります。
そうなると在庫連携など新しく設定が必要となり、会社にもよりますが結構時間が掛かかる場合があります。

hobnob

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントする